無麻酔のメリット&デメリット

一般的に人の場合と違い、犬の歯石除去は麻酔をかけて行われます。

 

麻酔をかけて行う方が良いのか?

無麻酔で行う方が良いのか?

 

とても悩むところです。

 

ワンちゃんのタイプや症状によって、一概にどちらが良い悪いと決められないのが現状です。

 

それぞれのメリット&デメリットを知り、ワンちゃんにとって最適な方法を選んであげて下さい。

 

 

【麻酔をかけて行う場合】

 

=メリット=

 

①全身麻酔で完全に眠らせて行うので、普段、口を触ると噛みつくワンちゃんでも処置可能。

 

②重度の歯周病の場合でも、抜歯、歯茎の縫合などで治療可能。

 

③歯周ポケットが深い場合でも、歯茎を開いて掻き出すことにより奥深くにある歯石も除去可能。

 

=デメリット=

 

①麻酔中の事故の不安。麻酔をかけることによって起こる身体への負担が大きい為、高齢犬や持病があるワンちゃんにはリスクが高く、健康なワンちゃんでも定期的に処置することはお勧め出来ない。

 

②前日からの絶食、絶飲によりワンちゃんにストレスをかけてしまう。

 

③麻酔がかけれるかどうかの健康状態チェックの為、血液検査・X線検査などに何回か通う必要があり高額になりがち。

(一回の歯石除去が平均3万円~5万円)

 

 

【無麻酔で行う場合】

 

=メリット=

 

①身体への負担が少ないので、高齢犬や持病があるワンちゃんでも施術可能。またトリミングと同じ感覚で定期的にケアすることが可能。

 

②施術当日まで制限はなく、普段通りの食事が出来る為、ワンちゃんに余分なストレスを与えない。

 

③多くの場合、一度で終了し比較的安価で出来る。(初回12,000円 半年以内2回目以降6,500円)

 

=デメリット=

 

①極度の緊張によりチアノーゼ(酸素欠乏)を起こしたり、かみ癖があるワンちゃんなど、場合によって施術が出来ない場合もある。

 

②治療をする事は出来ない為、重度の歯周病で抜歯が必要、歯茎の炎症が激しい等の時は処置出来ずにお断りする事になる。

 

③歯周ポケットが深く、歯茎の奥深くまで歯石が入り込んでいる場合は取り切れない。